セミナーなどの情報

   (講習会、公開レッスン、セミナーなど)
    日付順ではありません。


NEW
講座 グレゴリオ聖歌  
 イントロダクション コース 〜クリスマスの聖歌を歌う〜

グレゴリオ聖歌の歴史的背景や音楽理論、読譜の基礎を学びながら、ともに歌い、心と体で感じることができるような講座を開講します。今回はクリスマスの夜に歌う聖歌を中心に取り上げます。この入門コースでは、参加者の歌唱レベルや古楽、音楽史などの予備知識は問いません。全く最初からすすめてゆきますので、誰でも参加していただけます。

講師 小林洋子
      
加古川市総合文化センター 音楽室
  加古川市平岡町新在家 1224-7
  JR神戸線 東加古川駅北口 北へ徒歩約10分
金曜夜5回コース
(18:45-20:30)
10/27, 11/10, 11/24, 12/8, 12/22
[費用] 17,500円 (全5回、教材込み)
[申し込み] sophia.dell.arte@gmail.com

[内容]
各講義の前半では基礎知識や歴史をお話しします。後半では実際に一緒に歌います。基礎知識は、グレゴリオ聖歌を歌うにあたっての発声法、音の聴き方、旋法、記譜の読み方 (このイントロダクションコースでは、現代記譜を中心に読みます)
聖歌歌詞の出典の探し方
ミサの形式とグレゴリオ聖歌、クラシック音楽のミサ曲と
グレゴリオ聖歌の関係について
グレゴリオ聖歌の歴史
聖歌研究の歴史と分野
文献、写本やネウマ譜とその入手先の紹介など

[講師] 
小林洋子(こばやし ようこ) !
オランダのユトレヒト音楽院、ティルブルグ音楽院で古楽演奏を、アムステルダム大学とユトレヒト大学で音楽史と音楽学を学んだ。古楽演奏でマスターを、音楽学で準マスターを取得。その後、教会音楽家として様々な教会の音楽伴奏を担当するとともに、オランダにおけるラテン語ミサの本拠地である、ユトレヒトのヴィリブロード教会のグレゴリオ聖歌隊の一員としても活動した。長年グレゴリオ聖歌に強い関心を持ち続け、音楽学的研究や神学解釈は、両大学と、R・スチュワート女史、A・ヘーリング氏、O.・スヴァイネンブルグ神父から、また実践は聖歌隊の一員としての経験から培った。
  

NEW
音楽家のための音楽修辞論入門講座

講師:三島郁

 音楽における修辞学は、中世のリベラル・アーツ自由七科の一つである修辞学の体系や内容に由来し、弁論術における修辞が作曲術におけるそれに置き換えられました。それは古典古代までルーツをさかのぼることができます。その後多くの理論家たちによってそれぞれ著作の中で議論され、18世紀半ば、J. S. バッハの時代に頂点に達しました。
 このような修辞学は、ヨーロッパの芸術音楽の作曲や演奏における根幹にある考えかたやとらえかたの一つです。したがって過去の音楽を演奏する際にはその本質を理解することが必須です。修辞学は、歌詞の表現や音型はもちろんのこと、装飾音の名称にまで関係しているのです。
 本講座は、みずからが演奏する音楽が依ってたつものを勉強したいと考える音楽家のための、修辞学を探究する入門講座です。古典起源の用語、理論家たちの思想、そしてその歴史的変遷に注目し、回を重ねながら少しずつ進めていきます。まずは気軽にご参加ください!

場所:堀江アルテ(モトバヤシビル7F)
 〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目18-17
講座料:\2,000(※要予約)
予約、問い合わせ
  email: arecprj2016@yahoo.co.jp (有田講座PRJ)

第1回:音楽修辞学入門(超超入門編)
~修辞とは?フィグールとは?
2017年11月11日(土)14:30~16:30(開場14:15)
・修辞学、修辞とは?
・フィグールとは?
・アフェクトとは?
・ロゴス、パトス、エートス
・バロック音楽における修辞とフィグール
・歌詞と音型の関係


第2回:音楽修辞学入門
~修辞の歴史とムジカ・ポエティカ
 2018年2月10日(土)14:30~16:30(開場14:15)
・あらためて「修辞」史概説(スピーチの修辞、そして音楽の修辞)
・音楽における詩学musica poetica
・ブルマイスター、キルヒャーetc



NEW
有田正広 音楽講座演奏家のための修辞学~『初級編』

講師:有田正広
2018年3月5日(月)13:00~16:00(開場12:30)
堀江アルテ(モトバヤシビル7F)
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目18-17
講座料:\3,500 (要予約)
予約、問い合わせ
 email: arecprj2016@yahoo.co.jp (有田講座PRJ)

演奏家のための修辞学~『初級編』
 修辞学は、ヨーロッパの芸術音楽の作曲や演奏において、本質の一つです。したがって過去の音楽を演奏する際に、この考えかたを等閑視できません。また修辞的発想は、音楽修辞学が頂点を極めた18世紀までのみならず、19世紀以降の音楽においても息づいています。

 本音楽講座は、修辞学を探究し、勉強したいと願う演奏家のための講座です。一筋縄でいくものではありませんが、西洋芸術音楽の本質に近づきたいかた、時間をかけて真面目に取り組みたいかたの参加をお待ちしています!

※なお、本講座を受講されるにあたり、三島郁「音楽家のための音楽修辞論入門講座」
(2017年11月11日と2018年2月10日) を受講されることをおすすめいたします。



「バルトルド・クイケン マスタークラス
 in 神戸」

バルトルド・クイケン著「The notation is not the music:
Indiana University Press 2013」”楽譜から音楽へ ~バロック音楽の演奏法~“
邦訳刊行記念のマスタークラス

2017年11月25日(土) 午後1時-午後6時
神戸市六甲アイランド内「LA FLUTE ENCHANTEE(ラ フルート アンシャンテ」
 神戸市東灘区向洋町中1丁目18番地 リバーモールイースト204
  https://flute-enchantee.jimdo.com/
通訳: 前田 りり子
聴講チケット 一般1500円 学生 1000円 (先着70人)
*聴講ご希望の方は、1)お名前 2)連絡先 3)一般か学生かを下記メールアドレスまでお送り下さい。
予約・問い合わせ:主催 古楽工房 atelierkogaku2000@gmail.com


NEW
龍谷大学公開講座
脳と心とルネサンス音楽
―リュートの響きを楽しみながら―

 2017年11月27日(月)、12月4日(月)、12月11日(月)
 10:45~12:15
 龍谷大学大阪梅田キャンパス(ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階
 JR大阪駅桜橋出口より徒歩4分)
 受講料 4,060円(会員)、5,920円(一般)※3回の講座を通しての費用です
 講師 小堀 聡(龍谷大学理工学部教授)
 リュート演奏 小出 智子(12/11のみ)
 第1回(11/27)「音楽と脳」
 第2回(12/4)「音楽と心」
 第3回(12/11)「演奏における脳と心」※リュートの実演付
 申込等
 https://rec.ryukoku.ac.jp//search/start/details/7552
 問合せ
 kobori(アットマーク)rins.ryukoku.ac.jp




「平井み帆の本気!通奏低音マスター講座」 

通奏低音はどうやったらうまくなるのかわからない
通奏低音を学ぶための教材は何がよいのかわからない
通奏低音の国、時代による様式の違いがわからない
そんな貴方に・・・平井み帆が半年間で全力で通奏低音の
魅力をお伝えし、バロック音楽が、アンサンブルが、
さらに楽しく演奏できるよう徹底サポート。
■場所:ノワ・アコルデ音楽アートサロン
    大阪府豊中市服部本町2-5-24
    音楽レッスンマンション ノワ・アコルデ 1F
    (阪急宝塚線[服部天神駅]より東へ徒歩5分)
■講師 平井み帆
■募集定員:7名(定員になり次第締切)
      *全体講座は10名
  2017年6月24日(土)~25日(日):
     全体講座「通奏低音へのお誘い」
  2017年7月29日(土)~30日(日)・
     9月9日(土)~10日(日)・
     9月30日(土)~10月1日(日)・
     10月28日(土)~29日(日)・
     11月18日(土)~19日(日):レッスン
  2017年12月9日(土)発表会

■受講料(全て税込価格)
・全日程参加:80,000円
・全体講座+レッスン4回:72,000円
・全体講座+レッスン3回:62,500円
*発表会費用別途
・全体講座のみ     :28,000円

■講座日程
主催:平井み帆通奏低音講座事務局
協賛:ノワ・アコルデ音楽アートサロン
   https://ja-jp.facebook.com/noixaccordees/
■詳細・お申込:以下サイトよりお申込ください。
    http://hkmysaya.wix.com/hiraimiho